グランダキシンを飲む前に注意点をチェック

グランダキシン服用時に気をつける注意点

グランダキシンは1986年に日本の持田製薬から発売されたベンゾジアゼピン系抗不安薬です。自律神経の乱れから生じる、眠気やふらつき、口渇、めまい、吐き気、便秘、食欲不振といった様々な症状を緩和する効果があります。

 

ベンゾジアゼピン系抗不安薬の中では、かなり効果が抑えめとなっており副作用もかなり小さいです。ですが、副作用が小さいからと言って無警戒ではいられません。

 

注意点を無視して飲むと、強い副作用が出てしまう場合もあります。しっかり注意点を守って安全に使いましょう。

 

グランダキシンの作用機序

グランダキシンは自律神経の乱れを整えて、それに伴う諸症状を緩和する薬です。どのようにして自律神経の調子を整えているのでしょうか?

 

自律神経のリズムが乱れてしまう原因の1つに「自律神経が過剰に興奮している」というものがあります。

 

グランダキシンはベンゾアゼピン系抗不安薬に分類されているのですが、文字通りベンゾジアゼピン受容体という器官を刺激するという効果を持っています。

 

これにより、何が起こるかというと、グランダキシンによって刺激されたベンゾジアゼピン受容体は「Cl-」という物質が放出されます。この「Cl-」が放出されると脳の機能は抑制されて、自律神経の興奮を落ち着かせる効果があります。

 

グランダキシンは神経を落ち着かせる物質を放出させて、自律神経のリズムを整える薬です。

 

グランダキシン服用時の注意点

既に解説しているように、グランダキシンはかなり副作用の小さい薬です。とはいえ、どんな人も同じように使っていいというわけではありません。

 

こんな人は服用時に注意しなければならない、という注意点がいくつか存在します。しっかり注意点を覚えて安全に使いましょう。

 

服用注意のケース

急性狭隅角緑内障の患者

グランダキシンには抗コリン作用があります。これには様々な効果があるのですが、この項目で関係あるものとしては眼圧の上昇です。

 

健康な状態であれば気にする必要がないほどの物ですが、緑内障の患者さんであれば話は別です。緑内障の症状が悪化してしまう可能性もありますので、飲み始めは少な目の量から始めると共に、緑内障の症状・状態をしっかり観察しておくのが大切です。

 

重症筋無力症の患者

筋無力症は文字通り、全身の筋肉の力が弱ってしまいまぶたが垂れ下がったり、手足の筋力が弱って歩行が困難になってきたりする病気です。

 

そして、グランダキシンには弱いながらも筋弛緩作用があります。グランダキシンを服用すると筋無力症の症状が悪化してしまう可能性があるので、慎重に服用しましょう。

 

脳に物理的障害のある患者

グランダキシンを飲むとで体がどんな反応を起こすのかは、基本的には健康な状態を想定しています。脳に物理的な障害があった場合には、どのくらいの効果があるのかは想定しづらいというのが実情です。多くの場合では、薬の効果が増加してしまいますので、飲み始めは量を控えめにしておくとよいでしょう。

 

中等度又は重篤な呼吸不全のある患者

グランダキシンには脳の機能を抑制する効果があります。それと共に呼吸機能もわずかではありますが抑制してしまいます。

 

呼吸機能が弱っている状態では、わずかな呼吸抑制も大きな負担になりかねませんので、飲む前にはしっかり医師と相談しましょう。

 

高齢者


お年寄りは体の様々な機能が弱っている場合が多く、例にもれず薬を体外に排出する機能も低下している場合があります。そうなると薬の体内残留時間は伸びてしまいます。副作用のリスクがアップしてしまいますので、まずは少なめの服用から初めて経過を見ましょう。

 

妊婦


妊娠中の服用は安全性が確立していません。特に妊娠後期は胎児に何らかの影響があると考えられています。リスクよりも有益性が高いと医師が判断した場合以外の服用は控えておいた方がいいでしょう。

 

また母乳を通して乳児に成分が移行するとわかっていますので、授乳中の服用はやめましょう。

 

小児

使用データが少ないために、安全性が確立されていません。医師と十分に相談のうえで利用してください。

 

グランダキシン服用に関する注意点

長期服用はNG

グランダキシンに限った話ではないのですが、あくまで薬は治療の為に服用するものです。症状が出ていないのに漫然と飲み続けるのは、身体的にも金銭的にも負担がかかってしまうでしょう。勿論、服薬は治療に必要ですが、医師と相談してもう飲む必要がないと判断したらスパッとやめましょう。

 

大量服用はNG

副作用が少ないと言ってもそれは正しい飲み方をした場合です。「あんまり効かないし、副作用も弱いからたくさん飲んでみよう」と勝手に飲む量を変えてしまうのはとても危険です。どんな大きな副作用が出るかもわかりませんので絶対にやめましょう。

 

運転前の服用はNG

グランダキシンには睡眠効果を持っています。車や機械を運転する前には絶対に飲まないようにして下さい。事故を起こせばそれは自分だけの問題ではなく、周りのたくさんの人を巻き込むことにもなりかねません。

 

グランダキシンンの副作用・相互作用に関する注意点

グランダキシンを飲む際にこういう人は注意が必要、こんな飲み方はNGといった注意点をこれまで解説してきました。

 

しかし、どんな安全な薬だったとしても、しっかり注意点を守っていたとしても副作用がまったくでないわけではないです。そこで事前にどういう副作用が出るかを把握しておけばあわてずに済みます。そして、グランダキシン単体での利用であれば問題なくとも、他の薬と併用したら出てしまう問題もあります。

 

そこで、これを大きく2つに分けて説明していきます。

 

グランダキシンの副作用

グランダキシンの副作用は小さいですが、まったくないわけではないです。

 

どういった副作用があるかと言えば、

 

眠気、ふらつき、吐き気、食欲不振、便秘など

 

こういった症状が現れるケースがあります。特に眠気は運転時には危険ですので注意しましょう。

 

グランダキシンの相互作用

相互作用は複数の薬を同時に飲むと、お互いの薬の効果が変動してしまう作用です。

 

本来、薬の処方量は単独で飲んだ場合で考えられています。効果が大きく変わってしまうのなら、同じ量を飲んでいては危険です。グランダキシンの効き目を全くあけてしまうような飲み合わせはしないようにしましょう。

 

グランダキシンはこういう薬


グランダキシンは持田製薬から販売されている精神安定薬です。1986年に発売されてから、精神的に不安を抱えて日常生活に支障が出てしまう患者さんに処方している処方薬です。注意点は、精神科などで医師に受診をしてもらい、必要だと医師が判断したときに限り処方してもらえるので、ドラッグストアなどの小売店の店頭には並んでいないので誰でも購入できるわけではないです。

 

グランダキシンは飲むと、脳の視床下部に作用する効果をもち、それによって自律神経の働きを調整する効果があるとされています。自律神経が乱れることによって、倦怠感を感じたり頭痛や動悸などを発症しますが、それらの症状を改善する効果をもっています。ただグランダキシンには、体質によっては副作用が出たり、発疹やかゆみなどのアレルギーが現れることがあります。

 

注意点として、眩暈や脱力感などの症状が出ることもありますから、医師と相談して飲む量や時間、回数などを決めることが必要です。グランダキシンは錠剤になっているので飲みやすいですが、長期的に継続して飲んでいると依存性が高くなってしまいます。そのため必ず医師の指示をあおいで飲むのが大切です。

 
http://www.discotecailmaneggio.com/ http://www.jacobstadswapen.net/ http://chodskypes.net/ http://thegoatstreetcafe.com/